リサイクルトナーは価格だけでなく品質も重視して選びましょう

リサイクルトナーは経費を節減出来るメリットがありますが、リサイクル品などからも品質が悪いものを選んでしまうと、レーザー機器への影響が生じる、故障などの原因にも繋がるケースがあります。価格が安いものを選ぶのではなく、品質を重要視して選ぶ事で使用機器へのダメージを与えない、経費を節減する効果に繋がって来ます。 一般的にリサイクル品は工場内で回収したトナーカートリッジを分解洗浄、消耗しているパーツは新しいものに交換するなどの流れで製造が行われています。メーカーの中にはトナーカートリッジを自主回収して、トナーを充填したものを販売しているケースもあります。メーカーが製造するリサイクル品の場合は品質が高い事や純正品よりも値段が安いなどのメリットもあります。

充填するトナーには種類があります

複合機やコピー機器、レーザープリンターなどに利用するインクは粉状になっているもので、トナーと呼ばれています。トナーはカートリッジの中に充填してあるので、カートリッジを交換すれば印刷やコピーを行う事が出来るようになります。カラー対応機などの場合はCMYKなど4つのトナーカートリッジが必要になるので、経費としても多く掛かって来ます。カラー印刷やカラーコピーを多く行うオフィスなどの場合は、消耗品でもあるトナー代を削減するための工夫を行っているのではないでしょうか。 リサイクルトナーは純正品よりも価格が安いため、ランニングコストを抑える効果、そして経費節減効果を作り出してくれます。但し、リサイクル品の場合はメーカーが製造するトナーとは異なるものが充填してあります。これは製造業者が自ら製造したトナーを使っているもので、品質自体には問題はありませんが再現性においての違いが生じるケースもあります。

カラー印刷とモノクロ印刷での印刷品質について

業者が販売しているリサイクルトナーは価格が安い魅力を持っています。純正品と比較すると半値近い値段になっているケースもあるのでカラー印刷を多く行う会社にとって魅力的と言えます。トナーは粉状のインク、内部に充填してあるトナーはメーカー製のものとは異なるので、従来メーカーのトナーを使っていた後でリサイクル品を使うと色合いが異なるケースもあります。信頼おける業者が販売しているリサイクル品の品質そのものは良いのですが、写真を印刷した時や写真を多く含んでいるカタログなどをコピーすると色合いが原版と異なるケースもあります。 これはトナーの種類がメーカー製のものとは異なるために起きるもので、元データや元の文書などと同等のクオリティを求める場合には純正品、色合いが異なっても価格で選ぶならリサイクル品などの使い分けがお勧めです。モノクロ印刷においては同等のクオリティを持つリサイクル品が多くあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

リサイクルトナーの無料回収をしている場所

リサイクルトナーは通常の正規品よりも安価で購入することができます。また正規品にインクだけを充填したものが多くあり、正規品とほぼ品質的に変わらないとして人気が高まっているものです。いざ使い終わったときに...

保証も重視して選びたいリサイクルトナー

ペーパーレスが促進化される時代ではありますが、まだまだ紙に印刷をしなければならないものも少なくありません。印刷のコストというのは一枚だけで見ればそれほど大きなものではありませんが、塵も積もればなんとや...

リサイクルトナーの品質と価格以上の魅力

トナーカートリッジに限らずリサイクル品の多くは、メーカー純正品ではないために使用に際して不具合が起こった場合の対処が懸念されます。リサイクル品はメーカー純正の商品に比べて価格も安く、トラブルがなければ...