いかにして高待遇の施工管理者向けの求人を見つけるか

施工管理 求人

施工管理技士は工事現場に欠かせない存在です。完成までの日程を調整したり、現場の安全を確保したりと、工事が滞りなく進むように作業員を指揮します。技士を名乗るには国家資格の取得が必要になり、受験資格として実務経験も求められますので、誰もがおいそれとなれるものではありません。一級技士ともなればなおさらです。慢性的に人手不足の建築業界の中でもこの施工管理の仕事は特に需要が高く、かなりの売り手市場となっています。大手が競って人材を奪い合っている今、上手くいけばゼネコンで活躍することも夢ではありません。需要過多、供給過少の状況を存分に活かし、高待遇な施工管理者の求人を見付けましょう。ここでは施工管理の仕事を探している方に向けて、求人の探し方や採用に至るためのコツについて紹介します。

施工管理の仕事を探すなら求人サイトが便利

施工管理の求人の探し方としては、ハローワークや求人誌など昔ながらの方法もありますが、インターネットの求人サイトなどもおすすめです。希望の職種や地域を入力して条件に合致する求人を検索したり、登録した情報に基づいておすすめの就職先を紹介してもらったりという使い方が出来ます。施工管理は専門性の高い業種でもありますので、求人サイトの中でも建築関係に特化したサイトを利用するとよいでしょう。そうすることで就職先が探しやすくなり、企業からも見付けてもらいやすくなります。また、そうしたサイトは運営者側にも建築業に詳しい方が集まっていますので、困った時に相談がしやすいというメリットもあります。どんな仕事をどんな条件でしたいのかというヒアリングや、就職活動におけるアドバイスなど、業界を知っているからこその親身な対応が期待出来ます。

施工管理の求人で就活を有利に進めるには

施工管理という仕事にも、設計や土木、電気など、内容によって種類がありますので、自分がどんな仕事をしたいのかきちんとイメージを固めておくとよいでしょう。自分で求人を探すにしろ、紹介してもらうにしろ、漠然とした条件よりはある程度はっきりしていた方が就職活動はスムーズになります。また、現場管理などの経験があれば強みになりますので、アピールポイントとして伝えておきましょう。即戦力になる施工管理技士は企業が今一番欲しがっている人材です。しかしながら需要過多な職種でもありますので、未経験から挑戦したいという方も入り込む余地は充分にあります。施工管理は現場で指揮を取る仕事であり、大勢の人を纏めたり、クライアントと交渉したりする能力が重視されます。コミュニケーション能力に自信のある方は積極的に自分を売り込んでいきましょう。